読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりあえず米を食え

狩ったるでぇ!狩るわいのぉ!

東京ドタバタ珍道録

・1日目
19:40 熊本空港
意気揚々とバスに乗り込み空港へ。
ドヤ顔でチェックインしたら荷物がまさかの重量オーバーで必死に整理をする。

21:25 成田空港着
ホテルまでのリムジンバスを30分程待ちぼうけ。途中でコンビニに寄りたいと思いつつ、結局寄れずじまいに。

22:50分頃 ホテル到着
夕食を買おうとホテルの売店に行ったが、弁当類は全て売り切れており、U.F.○を購入。



・2日目
6:20 ホテル出発
企業訪問をしようとスーツで出発。ものすごく暑い。

11:30頃 企業訪問
アポなしで突撃訪問したにも関わらず、丁寧な対応をしていただき感動する。

12:30 カラオケ
友人とランチをするまでに時間があったため、1人カラオケをする。スーツで大熱唱。

13:30 ランチ
ワッフルと紅茶のおいしいカフェにてオムライスを注文。トロトロでおいしい。途中でゲリラ豪雨に遭う。

地図アプリと格闘しながら東京都現代美術館へ。約2時間ゆっくりと現代美術を鑑賞し、賢くなった気分になる。

19:00前 友人と合流
トンカツを食べ、友人宅へ。布団に入るも5時30頃まで喋って夜を明かす。



・3日目
(中略)

13:30 成田空港
飛行機に間に合わずパニック。とりあえず入れてたバイトが頭を過ぎり余計にパニック。泣く。とにかく帰る手段を探すも当日の航空券がなく、翌日帰ろうと決意。が、翌日の航空券も販売受付が終了し、東京の旅が一気に2日長引く。

19:00頃 松戸
バイト先の人に諭されて恥ずかしさと情けなさに泣いた後、友人と合流すべく松戸へ。が、しかし、乗った電車内で爆睡し乗り過ごしたため、引き返そうと乗った電車がローカルで予定到着時間を大幅にオーバーする。途中で充電も切れ、友人との連絡にも手間取る。

19:30~20:00 ガスト
昼間から家族のお土産に買ったゴマたまごしか食べておらず、お腹を空かせてファミレスへ。ドリンクバーとお喋りで気付けば0時超えに。



・4日目
12:00頃 起床
ボーッと過ごす。

15:30 外出
友人の優しさで行きたかった明治神宮へと向かう。その前にひどい頭痛と吐き気に襲われ市販薬を購入。いよいよ何か憑いてると思い始める。

17:00頃 明治神宮
薬のおかげかはたまた明治神宮のおかげか体調が戻る。きちんとお参りして竹下通りへ。

17:30頃 スイパラ
ケーキよりもパスタを貪る。

19:30頃 カラオケ
1時間半友人とカラオケ店にて熱唱。楽しすぎる。

21:30 友人宅
翌日が朝早いので早く寝ることを心に誓うが、関ジャム・MJ・魁!と音楽番組が続き、早々に誓いを放棄する。



・5日目
5:40 起床
眠い

6:35 出発
最寄り駅までのバスがなかなか来ない。ここいつも遅い。(利用3回目)

6:55 最寄り駅到着
Suicaをチャージしようとしたら、カードが詰まってアラームが鳴り響く。焦る。ステッカーを貼っていたのが理由と知り赤面。ジャニーズWESTのイケメン達を駅員さんに見られる。

7:00 最寄り駅改札
乗らなければならない電車とは別の改札を通ってしまい、引き返そうと改札にSuicaをかざしたら拒絶される。ドウイウコト?田舎者ニハワカラナーイ。

7:03 電車出発
無事乗車

8:03 成田空港
到着してすぐにチェックインと搭乗手続きを済ませる。もはやトラウマ。

8:50 飛行機へ←イマココ








2泊3日の予定が4泊5日へと大幅変更になった今回の旅。まさか飛行機に乗れないという事態が起こる事になるなんて、当たり前だが出発前の私は全く想像していなかった。

1つ学んだ事は、予定は余裕を持って組むことと、東京の地下鉄は私には攻略出来ないという事だ。

今日も台風の影響で飛行機が飛ばないのではないかという懸念があったが、無事通常通りの運行で帰れる様なので一安心である。

ヲタ事以外で東京に行くのが8年振りだと知り、いかに私がヲタ事でしかアクティブにならないかを再確認させられた気もするが、普段行かない所に行って楽しめたのはよかった。

次に行く時までにはもう少し公共の交通期間を攻略できるように…いや、その前に方向音痴を治さねば。



それでは、今からフライトのためここで。

無事に着けますように。









追記:
無事福岡空港に着いた。日本航空で働く友人を一目見ようとカウンター近くまで来たが、少し遠くから携帯片手に友人を見つめ、仕事を頑張ってる姿に時折微笑む私の姿はもしかしなくてもストーカーのソレである。実に気持ち悪い。

それでも無事友人とコンタクトを取る事ができたので、博多駅へ向かうことにする。



今回、改めて思ったのは友人達の温かさだ。

いってらっしゃいと見送ってくれた友人、貴重な休日を私に充ててくれた友人、飛行機に乗り損ねた時に心配してくれた友人…。
たくさんの人に心配をかけてしまい申し訳ない気持ちになったが、それ以上にありがとうの気持ちが強かった。みんなありがとう。こんな所で言っても届かないと思うので、改めて友人達に会ったら直接きちんと伝えようと思う。

「本当にありがとう。」